実際のFX売買での損益計算の具体例

実際のFX売買での損益計算の具体例

今までの解説で、FXにおける為替差益の仕組みや手数料についてお話ししてきましたが、それらを踏まえて、実際のFX売買での損益計算の具体例を見ていきましょう。

例えばあなたが、以下のような売買をしたとしましょう。

A:まず1ドル101円00銭の時に、1万ドル分のドル買い・円売りのポジションを持ち、5日後に101円90銭で決済したとします。

その三日後にまたトレードしたとして

B:1ドル101円20銭の時に、また、1万ドル分のドル買い・円売りのポジションを持ち、3日後に102円50銭で決済したとします。

この2回の取引によって、売買差益や手数料はどうなったか?

最終的な損益はどうなったか?

を具体的に計算してみましょう。

実際のFX売買での損益計算の具体例

 

Aのトレードから見ていきます。

まず、1ドルが101円の時にドルを買って、101円90銭になった時に売ることができたわけですので、為替レートの変動差益としては、90銭の儲けになります。

90銭は0.9円ですが、それを1万通貨売買しましたので、

0.9円×10,000=9,000円の儲けとなります。

そして、ここにスプレッドとスワップも加わります。

Aの期間のドル買い円売りスワップは、1万通貨当り1日10円でした。ポジションを5日間持ったわけですので、スワップの合計は

10円×5日=50円となります。

そして、Aの期間のドル買い円売りスプレッドが2銭でした。10,000ドル分の売買を一回したわけですので、

2銭(0.02円)×10,000=200円となります。

実際のFX売買での損益計算の具体例トレードAの図

とういうことでまとめますと、

・為替差益による売買損益が9,000円

・スワップポイントの損益が50円

・スプレッド手数料が200円

ですので

9,000円+50円-200円=8,850円

という利益が、Aの取引で得られたことになるわけです。

 

続きまして、今度はBのトレードを見てみましょう。

1ドルが101円20銭の時にドルを買って、102円50銭になった時に売ることができたわけですので、為替レートの変動差益としては、1円30銭の儲けになります。

1円30銭は1.3円ですが、それを1万通貨売買しましたので、

1.3円×10,000=13,000円の儲けとなります。

そして、ここにスプレッドとスワップも加わります。

Bの期間のドル買い円売りスワップは、1万通貨当り1日10円でした。ポジションを3日間持ったわけですので、スワップの合計は

10円×3日=30円となります。

そして、Bの期間のドル買い円売りスプレッドが2銭でした。10,000ドル分の売買を一回したわけですので、

2銭(0.02円)×10,000=200円となります。

実際のFX売買での損益計算の具体例トレードBの図

とういうことでまとめますと、

・為替差益による売買損益が13,000円

・スワップポイントの損益が30円

・スプレッド手数料が200円

ですので

13,000円+30円-200円=12,830円

という利益が、Bの取引で得られたことになるわけです。

 

2回のFXトレードの合計の損益は

8,850円+12,830円=21,680円が儲かったということになります。

計算としては、そんなに難しくないので大丈夫ですよね?

もちろん、今までの解説で、スプレッドやスワップとは何かというのをキチンとご理解いただいていれば、サラッと計算できると思います。

あとは、スワップがプラスで付くのかマイナスで取られる通貨ペアなのか・・・そして、その通貨ペアのスプレッドがいくらなのかによって、トレードの損益がだいぶ違ってきます。

これは各FX会社によって、スプレッドやスワップが違うわけですので、FX会社選びもやっぱり重要になってきます。

 


 

※次郎吉がおすすめするFX教材は↓これ↓

秒速スキャルFX
ドラゴン・ストラテジーFX
恋スキャFXビクトリーDX完全版
マエストロFX

↑ここで買うとキャッシュバックしてもらえるから良いですよ♪