FXのスワップポイントとは

FXのスワップポイントとは

FX取引の中では、よく「スワップ」って聞くんですけど、本当の正式名称は『スワップポイント』と言うんですけれども、例えば外貨預金における金利のようなものになります。

しかし大事なことですが、FX取引においてのスワップポイントと外貨預金における預金金利とは、大きく違う特徴が二つありますので注意です。

普通は外貨預金などの場合は、あなたが金利を受け取るだけですよね。

銀行口座の預金でも同じことです。

しかしながら、FX取引においては、金利を受け取るだけでなく、ポジションによってはスワップポイント(金利)を支払わなければいけない時もあるということです。

ここで重要なのは、投資家のポジションになります。

「どこかの国の通貨を売って・どこかの国の通貨を買う」というポジションを持っているわけですが、各国においては、必ず金利の違いがあります。

つまり、スワップ金利とは

「売っている通貨に対してかかっている金利を支払って、さらに、買っている通貨に対してかかっている金利を受け取ることができる」

というものなのです。

例えば、ドル買い円売りのポジションを持っているとしましょう。

この場合は、

※ドルを買っているので、ドルに対する金利をもらうことができます

※円を売っているので、円に対する金利を支払わなければいけません

この二つの差が、スワップポイントなのです。

つまり、スワップポイントがたくさん欲しいと思ったら、

「金利の高い国の通貨を買って、金利の安い国の通貨を売るという通貨ペア」でポジションを持つと良いわけです。

ただし、このスワップ金利は、各証券会社(FX取り扱い業者)によって、金額が違っているので注意が必要なんです。

でもなんで、各FX会社によってスワップに違いがあるのでしょうか?

もちろん、同じ国の政策金利は同じなんです。にもかかわらず、なぜ各社に違いがあるのか?

実はここには、各FX会社の戦略によって大きく違いが出るのです。

例えば、トルコリラとか南アフリカランドとかの、高金利通貨の取引を勧めているFX会社がありますが、これは客寄せのためにそういう戦略を組んでいますので、他のFX会社よりも高いスワップ金利を設定するようにしています。

また、同じFX会社でも、その日その日によってもスワップは変動します。

ではなぜ、それらのような違い・変動が生まれるか?を解説します。

FX会社は、インターバンク(国際銀行)と毎日取引してスワップを決めているのですが、その時に、そのFX会社がどういうポジションをどれだけ持っているかによって変わります。

例えば、ドルの金利が高く・円の金利が安かったとしましょう。

その場合に、あるFX会社の保有している総ポジションが、

USD/JPYの売りよりも、買いのほうが多かった場合は、そのFX会社はスワップを得ることができますよね。

その得たスワップを、ユーザーさんに分配するという仕組みなのです。

ですので逆に、例えばあるFX会社の総保有ポジションが

USD/JPYの買いよりも売りのほうが多かった場合は、逆にスワップを支払わないといけませんので、とてもユーザーさんにプラスのスワップを分配することはできません。

また、FX会社が手数料として引いている場合もあります。

ですので、ユーザーが自分としては計算上スワップがプラスになるはずなのに、利用しているFX会社の総ポジションが逆の場合は、スワップがもらえなかったり逆に支払わなければいけないこともあるのです。

とはいっても、FX会社も客商売です。

毎日コロコロ変わったのではユーザーが計算ができませんので、各国の政策金利をある程度反映した基本値は大きく変えない傾向があります。

また、先ほどお話ししたように、客寄せのために、FX会社が「スワップで多少損しても他の手数料でプラスになるなら良い」と考えて集客の材料として高スワップを宣伝する場合もあります。

ですので、特に中長期でポジションを持つ場合は、スワップも考えてポジションを取らないといけませんし、FX会社も選ばないといけませんし、保有してからも日々のスワップ変動に気をつけないといけないわけです。

高金利通貨は持っているだけでお得

日本の金利は今とても安いですよね。

銀行にお金を預けても、ほとんど利息はもらえません。

0.01%なんていうくらいです。

例えば日本の銀行に100万円預けたとしても、1年間で100円しか利息がもらえません。

いっぽう、例えば途上国で、トルコリラですとか南アフリカランドなどは、かなり高金利です。

日本のような低金利通貨を売って、それらの高金利通貨を買えば、毎日毎日スワップがもらえてお得になります。

ただし!

そんなに、おいしい話ばかりなどはありません。

ある知り合いが、スワップ狙いで南アフリカランドを数百万円分買ったのですが、そのあとに急落してしまったんですね。

たしかに、スワップで毎日チョロチョロ小銭をもらえるわけですが、為替差益でドカン!と大きく損をすることになります。

特に、新興国の通貨は安定性がありませんし、取引量も多くないので流動性が悪く換金性が低くなるので、リスクが大きくなります。

でも、そのリスクを理解した上で、どうしてもスワップ狙いをしたいのであれば、普段は様子見して、高金利通貨が急落した時に下値をチョイチョイ拾っていけば、いずれ値を戻した時に為替差益も得られるしスワップも得られて一石二鳥になります。

そんな狙い方もあるわけです。

 


 

※次郎吉がおすすめするFX教材は↓これ↓

秒速スキャルFX
ドラゴン・ストラテジーFX
恋スキャFXビクトリーDX完全版
マエストロFX

↑ここで買うとキャッシュバックしてもらえるから良いですよ♪