FXで稼いでいる人の写真

FXで良いEAの選び方・自動売買の無料EAを1年間回しっぱなしにした結果

FXで良いEAの選び方を解説します。

私、次郎吉は、FXの自動売買もやりますし、裁量トレードも両方やります。

昨年の頭から、無料EAをたくさん組み合わせて、安定的なポートフォリオを作ってテストしていました。

3月くらいからは、もう完全に放置状態で、1年間回しっぱなしにしたらどんな結果になるか実験してみたんです。

今日はその結果をご報告します。

まず、もう答えから言ってしまいます。

FX自動売買の無料EAを1年間回しっぱなしにしてみた結果は

ズバリ!

¥2,878,662-(約287万円)

の利益でした!

ほったらかしで、これはすごくないですか?!

なんかこれだけでメシを食っていけそうな・・・

と言うのもちょっと不安ですので(^_^;)、ま~あくまで資産運用ということで、収入の柱の一つにしたいと思います。

EAは100個くらい使っていますが、全部無料ですからね。

(EAとは:エキスパートアドバイザーという名の自動売買ソフト)

かかった費用はVPS代で、月に14000円くらいと思います。(無料のVPSもあるので無理に有料は要らない)

「ほんとにそんなに儲かるか?どうせ嘘だろ?」

という方もいらっしゃると思いますので、MT4の年間取引明細をお見せしましょう。

証券会社は3社で、口座は全部で14個です。

そのトータルで、¥2,878,662-の利益です。

 

MT4の年間取引明細

 

私は心配性なので、出来るだけ分散するために口座を分けていますが、皆さんはそこまでしなくても良いです。

証券会社1社で、口座を1つでも良いですし、資金が多少ある方は、5つまで口座を分散すると良いです。

ということで、

■なんで無料EAでこんなに稼げるのか?

■どこで無料EAを手に入れているのか?

■どんな使い方をしているのか?

について、ポイントを解説します。

本当は言いたくなかったけど、FXねずみ小僧【次郎吉】の理念として、「日本人に幸せになってほしいから」今回は特別にお教えしようと思います。

なんで無料EAでこんなに稼げるのか?どんな使い方をしているのか?

ある場所で、無料のEAを入手します。

無料で数百個の自動売買ソフトを手に入れることができます。

それだけ豊富にあると、成績の良いEAがけっこうたくさん見つかります。

有料で売っているEAなんかよりも、実は成績が良かったりします。

それらを集めて、ポートフォリオを作ります。

ポートフォリオというのは、ま~スポーツで言うと、グループとかチームみたいなもんです。個人戦ではなく、団体戦ということです。

例えば、1個のEAのみで運用した場合、必ず不調期・好調期がありますから、収益がとても不安定になってしまいます。

EAによっては、不調期が数カ月も続くものがあります。

でも複数のEAを同時に小さいロットで回して、その平均値で見れば、毎月の差はとても小さなものにできるのです。

EAによって、通貨ペアも違いますし、時間足も違いますし、ロジックも違うのですから、損益や好不調のタイミングも違うわけです。

1口座(1つのMT4)で、EAを10個から15個使うと、けっこう安定します。

良いEAの選び方ですが、

まずはバックテストが必須になります。

2007年(サブプライムショック)~直近までの10年間以上のバックテストをします。

これで良いEAを選別します。

バックテストを自分の手でしていないEAは、絶対に使わないことです。

有料で売っているEAは、そもそも良い時期のデータしか見せないですし、偽造しているヤツまでいますからね。

それと、証券会社でシステムトレードを提供している会社も多くなってきましたが、それらも長期のテストデータがないですし、自分の手でバックテストできませんから、ダメなんです。

良いEAの選び方と条件

さて、良いEAの条件ですが、ポイントは以下です。(それぞれ具体的に解説します)

●プロフィットファクタが1.30以上

●最大ドローダウンが許容範囲か?

●総取引数ができれば1000回以上

●売りと買いの取引数に偏りがないか

●口座残高グラフがキレイな右肩上がりか(好不調の差が小さい)

 

EAのバックテストの結果

 

プロフィットファクタが1.30以上

プロフィットファクタ(PF)というのは、利益額/損益額の比です。

例えば、利益額が100万円で、損益額も100万円だった場合は、100/100で、1.00ですね。

これでは、資産は増えも減りもしません。

利益額のほうが大きいと、プロフィットファクタが1.01以上になります。

ただ、1.01というのは、非常に危ういです。スプレッド(手数料みたいなもの)の幅がちょっとでも広がると、もう損益分岐点がマイナスになっていきます。

ですので、少なくとも1.30以上は欲しいところです。

最近は良いEAが増えてきていまして、1.30以上はけっこうザラにあります。

1.50以上を探したり、2.00以上もチラホラ見つかります。

 

最大ドローダウンが許容範囲か?

「最大ドローダウン」というのは、自分の口座残高が一時的にいくら減ったか?になります。

どんなに優秀なEAだって裁量トレードだって、好不調の波が絶対にあります。

不調期に入った時には、口座残高が減り続けることがあります。

それが最大でどれくらい落ちるか?ということです。

例えば、口座に50万円あったとしたら、あなたが何%の損失まで耐えられるか?によって、使えるEAやロット数が変わってきます。

さすがに50%以上減ったら誰でも苦しいと思いますが、中には20%ダウンも耐えられない人もいるでしょう。

また、1つのEAだけで運用するわけではなく、10個から15個のEAを1つのMT4で同時に回すわけですので、それも加味しないといけません。

もちろん、全てのEAが同じタイミングで不調期に入ることは考えにくいですが、いくつか重なることもあります。

そう考えると、できればEA1つの最大ドローダウンは3%程度に抑えたいところです。

ただ、低ければ良いとうものでもなく、最大ドローダウンが低いEAは大抵利益も少ないですので、最大ドローダウンが許容できる値までロットを上げるべきです。

例えば、最大ドローダウンが0.3%のEAを見つけて、「これなら安心!」と思って利益額を見てみたら、10年間でたったの10%しか利益がなかったら寂しすぎますよね。

そんな時は、ロットを10倍(0.10)にすれば、最大ドローダウンは3%で許容範囲になりますし、利益は10倍になるわけです。

 

総取引数が、できれば1000回以上

例えば、プロフィットファクタや最大ドローダウンや口座残高グラフが、申し分なく素晴らしいのに、良く見たら10年間の総取引数が200回くらいしかないEAがあります。

1年間で20回というと、かなり少ないです。

もちろん、やたら多すぎて無駄なエントリーばかりでも、スプレッド貧乏になったり利益も増えませんが、1年間で20回くらいの少なさですと、バックテストの結果がカーブフィッティング(たまたまだったり、バックテストが良くなるギリギリの設定を狙っている)している可能性があります。

ということで、できれば1000回以上、少なくとも700~800回以上は欲しいところです。

 

売りと買いの取引数に偏りがないか

例えば、売り専門とか買い専門のEAがあります。

ですが、どんな通貨ペアも、上がり続けるとか下がり続けるものはありません。

そういうタイプのEAは、一時的に良い時があっても、相場が反転した場合に激しくドローダウンしたり破綻しやすいです。

良いEAは、売りと買いがほぼ半々です。あるいは、せめて3対2くらいの差に収まっているEAにしましょう。

 

口座残高グラフがキレイな右肩上がりか(好不調の差が小さい)

10年間のプロフィットファクタや利益額が大きかったとしても、好不調の差が激しかったり、スパンが長すぎるものは避けてください。

例えば下図のようですと、不調期がヘタすると1年間とか2年間とか続いたりします。

 

好不調の差が激しいEAのグラフ

 

昔は、なかなか良いEAが無かったので、こういうEAも使う必要がありました。

もちろんその代わり、好不調のタイミングが逆のタイプのEAを複数組み合わせて、ポートフォリオを完璧に組んで運用する必要がありました。

ですが、好不調の波が激しいEAは、必然的に最大ドローダウンも大きいですし、最近はキレイな右肩上がりのEAがかなり多いですので、無理にそういうEAは選ばないでください。

↓こんな感じの、小さい波でキレイに増えていくタイプを探しましょう。

 

好不調の差が小さい良いEAのグラフ

 

参考サイト:FX自動売買ソフトで良いEAの条件と選び方

 

どこで無料EAを手に入れているのか?

FXの自動売買をやりたい人には、GemTrade(ゲムトレード)をおすすめしています。

有料のEAは買う必要はありません。

有料のEAよりも優秀なものが、ゲムトレードでたくさん無料で手に入るからです。

(ゲムトレード側は、EAを無料でユーザーに提供することで、子会社のFXブローカーを使ってもらえるメリットがある)

無料で手に入るということは、たくさんセットして分散投資できるので、非常に安定性が良いのです。

どんなに優秀なEAでも、必ず好調期と不調期がありますから、ロジックや通貨ペアが違うトレードをすることで、損益の波が小さくできるわけです。

有料ソフトで安定性を得ようとしたら、たくさん買うために莫大なお金が必要になります。

しかも、それが優良なEAとは限りません。

たいていの販売者は、バックテストの結果をごく一部しか見せませんし、画像加工して良く見せる悪人までいます。

いっぽう、ゲムトレードならば無料で手に入りますので、自分の手でバックテストをして、納得した上で使うことができるのです。

2007年のサブプライムショックから2008年のリーマンショックは、100年に一度の大混乱を招きましたが、その後もイギリスのEU離脱ショック(ブレグジット)やチャイナショックやトランプショックなど、様々な波乱がありました。

それをちゃんと乗り越えたEAなのかどうかを、必ず自分でバックテストしてください。

それに合格したEAだけを使うようにしましょう。

ちなみに、一般的な証券会社のほうで用意しているシストレはダメです!

最近は、FX業者や証券会社のほうで、システムトレードやロボットみたいな自動売買もありますが、あれもダメです。

もうお分かりの通り、2007年から直近までの、バックテストを自分ですることができないからです。

証券会社側でランキングなどを表示している自動売買の成績表は、あくまで直近の優秀者です。

2007年から直近までのバックテストを見たら、どれもメチャクチャで話になりません。

他には、思惑と逆行しても損切りせず、ナンピンでエントリーを積み増ししてしまうような危険なEAも多いです。(証券会社側のランキングはフォワードテストなので残高無限で破綻しない)

参考サイト:FX自動売買ソフトEAを無料で200個手に入れる方法!

 

ゲムトレード&ゲムフォレックスの入会方法と使い方

では最後に、ゲムトレード&ゲムフォレックスの入会方法と使い方ですが、これも簡単です。

それぞれ下にリンクを貼っておきましたので、そちらから申し込みされてください。

もちろん無料です。

ゲムフォレックスは、普通に口座を作るだけですし、ゲムトレードも普通にフォームで会員登録するだけです。

もちろん、EAやMT4の設置方法・使い方もマニュアルがありますので、落ち着いてその通りに進めてください。

もし分からないことがあれば、サポートに問い合わせれば教えてくれます。

日本人のスタッフさんが丁寧に素早く返事をくれます。

それでは、FXの自動売買で楽しく稼いでいきましょうね!

ゲムトレードの入会はこちらから

ゲムフォレックスの入会はこちらから

 


 

※次郎吉がおすすめするFX教材は↓これ↓

ドラゴン・ストラテジーFX
Bear Time FX(自動売買)
恋スキャFXビクトリーDX完全版
マエストロFX
秒速スキャルFX

↑ここで買うとキャッシュバックしてもらえるから良いですよ♪

 

※次郎吉がおすすめするFX口座は↓ここ↓

ゲムフォレックス

↑ここは優秀なEAが無料で使いたい放題だから♪