FXで為替レート変動時の売買差益による利益

FXで為替レート変動時の売買差益による利益

FXには二つの利益構造があるのですが、

まず一つは

『為替レートの変動した場合の売買差益による利益』ですね。

これは、FXの為替レートの値動きがあった時の売買差益です。

二つ目は、

『スワップポイントによる利益』があります。

これは、金利の低い通貨を売って・金利の高い通貨を買った場合に、その二つの通貨の金利差益を毎日もらえてしまうというものです。

さて、例えば、あなたがハワイ(アメリカ)に旅行するとしましょう。

%e7%82%ba%e6%9b%bf%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e5%a4%89%e5%8b%95%e3%81%97%e3%81%9f%e5%a0%b4%e5%90%88%e3%81%ae%e5%a3%b2%e8%b2%b7%e5%b7%ae%e7%9b%8a%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%88%a9%e7%9b%8aそのために銀行に行って、

1ドルが100円の時に1000ドル分を両替すると

100円×1000=10万円を両替したことになります。

そして、いざハワイ旅行に行きました。

でも旅行中の買い物にはクレジットカードを使い、現金は1ドルも使わなかったとしましょう。

そして帰国してからまた銀行で両替します。

その時に、1ドルが105円になっていたとしましょう。

すると、

105円×1000=10万5千円となるのです。(例のため手数料を含めておりません)

で、さきほどの100円から105円に上がった5円分の差額、5千円が利益になったわけです。

もちろん、これは例としてたまたまそうなったわけですが、FX取引では、積極的に外貨の値動きを狙って売買差益を取っていきます。

このように

『二国間の通貨の為替差益を利益に変えるのがFX』というわけです。

例えば、今後強くなるであろう通貨を買って、反対の通貨を売るわけです。

その通貨の組み合わせも、株式銘柄のように膨大な数があるわけではなく、いくつかの主要通貨のペアを選ぶだけですので、選定が行いやすいのもFXの利点です。

FXではタイミング良く外貨を交換すること

%ef%bd%86%ef%bd%98%e3%81%a7%e3%81%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%89%af%e3%81%8f%e5%a4%96%e8%b2%a8%e3%82%92%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8さて、もう一つ売買差益の例をあげましょう。

先ほどはドルが上がった場合の例でしたが、今度は「ドルが下がる」と予想できる場合です。

「円高・ドル安」が進みそうなら、日本円を買い・米ドルを売ります。「ドル売り円買い」です。

例えば、

1ドル130円のときに、1,000ドル(13万円分)を売ったとします。

そして、

1ドル120円になった時に、1,000ドルを買い戻すと12万円で済むので、1万円が利益となります。

※安く買って・高く売る

※高い時に売って・安くなったら買い戻す

という、上昇時も下落時も利益にすることができます。とにかく通貨の値に差が出来れば良いんですね。

ここが株とはちょっと違う所です。

株の場合は、「安く買って高く売る」というのが基本で、その逆の場合(売りから入る場合)は、信用取引銘柄に限られてしまいますし、手数料もかかります。

 


 

※次郎吉がおすすめするFX教材は↓これ↓

秒速スキャルFX
ドラゴン・ストラテジーFX
恋スキャFXビクトリーDX完全版
マエストロFX

↑ここで買うとキャッシュバックしてもらえるから良いですよ♪